長期不在になるなら|信頼できるマンション管理会社を選ぶ方法|ランキングを確認しよう
マネー

信頼できるマンション管理会社を選ぶ方法|ランキングを確認しよう

長期不在になるなら

男性

貸し出しましょう

住宅を所有しているのに、長期不在になってしまうケースはあります。特にサラリーマンなどはマンションや一戸建て住宅を購入した後に、グローバルな現代社会では海外赴任になってしまう方も少なくありません。その際には所有している住宅を売却する方もいますが、また日本に戻ってきた時に住宅があるのとないのとではかなり違います。売却をしてしまうと、また新たに住宅を購入するか賃貸物件を探さなければなりません。非常に面倒ですし、なかなか住む場所が決まらないと言う事もあります。ですから、売却をしないでリロケーションをする方が増えています。リロケーションは自分が長期不在をしている間に、期間限定で他人に住宅を貸し出す事です。

収入を得る事も出来ます

リロケーションを行う事によって、家賃収入を得る事も出来ます。毎月の家賃収入になりますから、安定的に収入を得る事が出来るのです。また、住宅は誰も住んでいないとどんどん劣化をしていってしまいます。ですから、他人に住んでもらう事によって劣化を防ぐ事も出来るのです。リロケーションをするためには、管理会社に管理を依頼する必要があります。家賃回収や修繕、清掃などは管理会社に依頼する必要があるからです。自分で行うとなると、海外や国内でも遠方からわざわざ行かなくてはなりませんから、あまり現実的ではありません。実際にリロケーションの管理を行っている会社は多数ありますから、まずは管理会社にどのくらいの費用になるのか確認してみるのも良いでしょう。